イケメン保育士が贈る新米ママの成長記

新米ママ「ユリ」とイケメン保育士「タケル先生」による育児ブログ

赤ちゃんは牛乳をいつから飲んでもいいのか 時期と大事な3つの理由

 

赤ちゃんは牛乳をいつから飲んでもいいのか 時期と大事な3つの理由
宮前ユリ

赤ちゃんに牛乳を飲ませたいけど「いつから飲ませても大丈夫なの…?」という疑問はないでしょうか。大人でも牛乳を飲めば下痢をしてしまう人がいるほど、体への影響力の強い食品。簡単に飲ませるわけにもいきませんよね。

タケル先生

牛乳はとても栄養価値の高い食品です。と言ってもそれはある程度成長してからの話。体内の臓器が成長していない赤ちゃんが飲むと、時として「鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)」などを起こす可能性もあるので注意が必要です。

アレルギーの心配もあるので少しナーバスになってしまう牛乳。そこでこのページでは赤ちゃんと牛乳に焦点を当てて紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

牛乳を飲んでもいい時期に決まりはある?

赤ちゃんにも当然個人差があるので、単純な線引きは不可能です。厚生労働省のガイドラインを基準に考えるなら、そのまま飲むのは満1歳を過ぎてから。離乳食の調理用として使う分にはもっと早くてもいいようです。ただし要加熱という条件です。

赤ちゃんにとって、牛乳を飲み始める時期の基準がある理由は次のようなことがあるからです。

  1. アレルギーを誘発する
  2. 精神運動発達が遅れる可能性がある
  3. 栄養のバランスが崩れる

アレルギーを誘発する

牛乳はアレルギーが怖い食品ですよね。最初に注意が必要なのは、親や兄弟姉妹にアレルギーを持った人がいるかどうか。もしいるなら簡単に牛乳を飲ませてはいけません。

またアレルギーがなさそうな場合でも、早い時期から牛乳を飲ませることでアレルギーを誘発すると言われています。牛乳の豊富なたんぱく質がまだ未熟な赤ちゃんの腸に大きな負担をかけ、それによってアレルギー反応が出ることに繋がってしまいます。

精神運動発達が遅れる可能性がある

牛乳にはカルシウムやリンが豊富ですが、それらは鉄分の吸収を阻害してしまいます。なので早い時期から牛乳を飲むと慢性的な鉄不足になってしまい、次第に「鉄欠乏性貧血」を引き起こします。

さらに、2歳以下の子供が3か月以上「鉄欠乏性貧血」の状態にあると、「精神運動発達遅滞(せいしんうんどうはったつちえん)」という病気を招く恐れがあります。精神運動発達遅滞とは、発達期において全体的な知能の発達に遅れがみられる病気のことです。

栄養のバランスが崩れる

1歳未満の多くはまだ母乳やミルクによる栄養摂取の割合が多いころですよね。それが牛乳を飲むことで減るようだと、逆に栄養のバランスが崩れてしまうことに繋がります。

牛乳は栄養価の高い食品に違いないですが、基本的には牛の赤ちゃんの成長に欠かせないもの。人間の赤ちゃんにとっても完全な栄養食品ではありません。

牛乳を飲むことで母乳・ミルクの量が大きく減るなら、栄養のために飲ませるという観点では本末転倒と言えます。

牛乳を飲ませる時の注意点

このように牛乳はあまり早い時期に飲ませる必要性はありません。早い時期に飲ませたほうがいいわけでもなく、また飲ませるべきということも全くありません。

飲用は基本的に1歳から、ミルク粥など離乳食に使うときは加熱して月齢8か月以降を目安にするといいでしょう。初めて牛乳を飲ませるときは、アレルギー反応の有無や飲んだ後に下痢にならないかなどを注意深く観察する必要があります。

牛乳を飲ませる時の具体的な注意点は次のようなことです。

  1. 賞味期限に十分気をつける
  2. 冷やしすぎない
  3. たくさん飲ませすぎない

賞味期限に十分気をつける

牛乳は賞味期限も非常に短くデリケートな食品です。賞味期限内のものを飲ませるのは当たり前ですが、一度開けた小さな牛乳パックなどは保存して飲ませないほうがいいです。

牛乳は開けると冷蔵庫で冷やしてても菌が増えていきます。赤ちゃんの未熟な臓器には負担が大きくなってしまいます。

また牛乳を持ち歩くのはオススメしません。お茶やミルクと同じ感覚にはしないほうが良く、貴重な栄養源を摂る食品という感覚のほうがいいです。

冷やしすぎない

牛乳は必ず冷蔵庫で保存するものですが、初めのころは冷たいまま飲ませると下痢になってしまう可能性が高くなります。慣れてきたらいいのですが、初めは温めてからあげるほうがいいかもしれません。

たくさん飲ませすぎない

1歳を過ぎたころの赤ちゃんにとって、牛乳は多く飲めばいいと言うものではありません。上記の通り鉄分が不足しやすくなってしまいます。なので1日の量は300~400mlを上限に考えましょう。

また、水分補給の意味では与えず、離乳食の時やおやつのお供にしてあげます。

まとめ

タケル先生

牛乳を母乳やミルクに影響が出るほど与えるのは、栄養の面からも逆効果と言えます。その場合、鉄欠乏症などのデメリットの方が心配になってしまいますよね。

また、1歳を過ぎてもお茶などの水分補給する飲み物とは別に考えます。あくまで栄養を摂取するために飲むようにします。とはいえカルシウムなら煮干しなどの小魚でも十分ですし、必ず飲ませるべきというわけではありません。

牛乳は栄養のある食品だから、とりあえず飲ませておけば問題ないと単純に考えることが最も危険と言えます。

 - 乳児(1か月~1歳)

宮前ユリ

この記事が役に立ったと感じたらシェアしてくれると嬉しいです♪

PCアドセンス

PCアドセンス

  関連記事

やっちゃダメ!赤ちゃんのほっぺが赤いときの2つの間違った対処法
やっちゃダメ!赤ちゃんのほっぺが赤いときの2つの間違った対処法

赤ちゃんのほっぺが赤いと悩んではいないでしょうか。ぷっくりと可愛い赤ちゃんのほっ …

早めが吉!新生児の頭の形を整える4つの簡単な方法
早めが吉!新生児の頭の形を整える4つの簡単な方法

「うちの子、頭の形がいびつ…」という悩みはないでしょうか。「このまま大きくなった …

新生児期の赤ちゃん ゲップはいつまで出させるべき?
新生児期の赤ちゃん ゲップはいつまで出させるべき?

育児中のママにとって、ミルクや母乳を飲ませた後にゲップをさせるのは当たり前の知識 …

新生児に与えるミルクの量の目安 6ブランド紹介
新生児に与えるミルクの量の目安 6ブランド紹介

生まれたばかりの新生児の場合、どのくらいの量のミルクを与えればいいのか心配になり …

新生児の寄り目 2つの原因とけいれん時の対処法
新生児の寄り目 2つの原因とけいれん時の対処法

生後間もない我が子が寄り目になっていて心配…という悩みはないでしょうか。他人の子 …

分かる~!育児のストレス 夫のイラッとする17の言動
分かる~!育児のストレス 夫のイラッとする17の言動

育児に追われるママのストレスは計り知れないものがありますよね。自分の時間が持てず …

赤ちゃんの耳が臭い…意外な4つの原因と対処法
赤ちゃんの耳が臭い…意外な4つの原因と対処法

「うちの子ずいぶん耳が臭いわね…大丈夫かしら…」という悩みはないでしょうか。赤ち …

要注意!母乳育児に気をつけたい飲酒による影響
要注意!母乳育児に気をつけたい飲酒による影響

母乳育児を続けているけど「どうしてもお酒が飲みたい…」という悩みはないでしょうか …

ドキッ!赤ちゃんが奇声をあげる5つの理由
ドキッ!赤ちゃんが奇声をあげる5つの理由

いきなり「ギャー!」「グワー!」っと奇声を発する我が子。何事が起きたかとビックリ …

気をつけて!赤ちゃんの水分補給でやってはいけない2つの事
気をつけて!赤ちゃんの水分補給でやってはいけない2つの事

赤ちゃんは自分で「喉が渇いたよ~」と言えないので、ママが上手に水分補給をしてあげ …