イケメン保育士が贈る新米ママの成長記

新米ママ「ユリ」とイケメン保育士「タケル先生」による育児ブログ

新生児の呼吸・息が荒いけど大丈夫…?と悩む新米ママへ

 

新生児の呼吸・息が荒いけど大丈夫…?と悩む新米ママへ
宮前ユリ

新生児、しかも初めての赤ちゃんの場合、少し呼吸が荒いだけでも心配になるものよね。ある程度育っていればまだいいけど、新生児の場合は伝える術がないから、もしかしたら苦しいのかも…って思いがち。呼吸が止まっちゃうんじゃ…とも思っちゃいますよね。

タケル先生

新生児の息が荒いという状態は珍しいことではありません。「ハッハッ」とか「ハァハァ」などという呼吸は苦しいときにもしますが、新生児の場合は他にも様々なときにそうなります。問題は息が荒いことに加え、苦しそうかどうかです。

今回は新生児の呼吸に焦点を当てて考えてみようと思います。

スポンサーリンク

呼吸が荒くなる理由

新生児が呼吸を荒げる理由は次のようなものがあります。

  1. オッパイが欲しい
  2. 鼻腔が狭いため
  3. 病気の兆候
  4. 意味なし

オッパイが欲しい

新生児はまだ目すらはっきり見えていません。目の前にオッパイがあるのに「オッパイくれ~」って泣いたりもしますよね。

息を荒げることでオッパイを要求していることもあります。

鼻腔が狭いため

新生児の鼻腔はとっても狭いものです。なのでほんの少しの鼻水でも気道が狭くなってしまいます。そんな小さな鼻で一生懸命呼吸するからこそ「ハァハァ」するんですね。鼻がブーブーなるのもこのためです。

病気の兆候

最も懸念しているのはコレだと思いますが、多くの場合赤ちゃんを見れば気づくことができます。楽しそうな表情ならほぼ問題はないでしょう。

仮に苦しそうな表情だとしても鼻が詰まって苦しいだけかもしれません。早々に病気を疑うのは気持ちは分かりますが神経質になり過ぎと言えます。

意味なし

赤ちゃんは大人の理屈では分からない部分がいっぱいあります。いわゆる個性というものですね。一生懸命手足をバタバタさせたり、反り返ろうとしたりするものです。

たったそれだけでも新生児ならハァハァ言ってしまいますよね。だって数日前まではお腹の中にいて、最近やっと肺で呼吸を始めたばっかりなんですから。

気を付けるべき呼吸

ママを悩ませるのが「どのような呼吸なら先生に相談したほうがいいのか?」ということですよね。呼吸器が悪いと当然息も荒くなります。多くの場合は無駄な心配になるものですが、念のため気を付けるべきポイントを紹介します。

  1. 1分間の呼吸数が60回を超える
  2. 呼吸のたびに肋骨の間や下の部分がへこむ
  3. 唇や手足の先が紫色になっている
  4. 突然激しく咳き込む
  5. ゼーゼーと息をしている

1分間の呼吸数が60回を超える

赤ちゃんの呼吸が荒いというのは、1分間に60回を超えるような場合です。超えたからって今すぐ何かしなければいけないというわけではありませんが、少し注意して観察する必要があります。

呼吸のたびに肋骨の間や下の部分がへこむ

これは呼吸器の疾患時に見られる症状なので、できれば早めに受診したほうがいいでしょう。親としても安心できます。

唇や手足の先が紫色になっている

チアノーゼ、つまり酸素不足になっていると唇や手足が紫色になります。新生児はなりやすい症状ですが、明らかに普段と様子が違う場合は受診しましょう。

突然激しく咳き込む

もしかしたら何か異物を飲み込んでしまった可能性があります。吐き出せれば大きな問題はありませんが、胃の中に入った場合でも医師に診せたほうがいいです。

ゼーゼーと息をしている

異物を飲み込んで気管に引っかかっていることが考えられます。この場合も直ちに受診しましょう。

まとめ

タケル先生

息が荒い・呼吸が荒いということ自体は、新生児によくあることです。特にそれだけで心配する必要はありません。でも元気がなかったり明らかに様子がおかしい場合は、すぐに受診しましょう。

初めての赤ちゃんの場合は特に心配になると思いますが、最も大事なのは赤ちゃんをしっかり観察することです。ハァハァしてても元気そうならほとんど心配はいりません。それが新生児の特徴なんです。

 - 新生児(~1か月)

宮前ユリ

この記事が役に立ったと感じたらシェアしてくれると嬉しいです♪

PCアドセンス

PCアドセンス

  関連記事

要注意!赤ちゃんの「でべそ」でやってはいけない2つの事と対処法
要注意!赤ちゃんの「でべそ」でやってはいけない2つの事と対処法

うちの子「でべそ」だけど治るかしら…という悩みはないでしょうか。女の子のママは特 …

新生児が咳き込む…病院に連れて行くかを判断する5つの基準
新生児が咳き込む…病院に連れて行くかを判断する5つの基準

生後1か月ぐらいの新生児の場合、少し咳き込むだけでも心配になってしまいますよね。 …

新生児が「ぐずる」9つの理由と上手な対処法
新生児が「ぐずる」9つの理由と上手な対処法

新生児期(生後1か月未満)の赤ちゃんは、よくぐずる子とそうでもない子がいますよね …

新生児が寝ない6つの原因と具体的な7つの対策
新生児が寝ない6つの原因と具体的な7つの対策

苦しんで苦しんでやっと出産したのに、連日のように泣いてばっかりだとママの体力・気 …

新生児が苦しそうに唸る(うなる)3つの原因と対処法
新生児が苦しそうに唸る(うなる)3つの原因と対処法

顔を真っ赤にして苦しそうにうなる我が子…。ウンチ…?お腹が痛い…?それとも…。マ …

母乳での育児は「ちくびが痛い」!7つの効果的な解消法
母乳での育児は「ちくびが痛い」!7つの効果的な解消法

母乳で我が子を育てたほとんどのママが経験しているであろう「ちくびが痛い」という現 …

新生児の寄り目 2つの原因とけいれん時の対処法
新生児の寄り目 2つの原因とけいれん時の対処法

生後間もない我が子が寄り目になっていて心配…という悩みはないでしょうか。他人の子 …

新生児が泣く…泣き止まない…放置… 乗り越えるための大事な考え方
新生児が泣く…泣き止まない…放置… 乗り越えるための大事な考え方

生まれて間もない新生児のママは本当に大変ですよね。ましてや初めての子の場合、寝不 …

新生児の「うんちでない…」悩みを解消する4つの方法
新生児の「うんちでない…」悩みを解消する4つの方法

生まれて間もない新生児なのに「便秘でうんちでない…」という悩みを抱えるママもいる …

新生児の哺乳瓶の消毒はいつまで…?
新生児の哺乳瓶の消毒はいつまで…?

哺乳瓶の消毒は新生児のいるママの日課の一つですよね。細菌が繁殖してはいけないので …