イケメン保育士が贈る新米ママの成長記

新米ママ「ユリ」とイケメン保育士「タケル先生」による育児ブログ

赤ちゃんの靴はいつから…?サイズ合わせに重要な2つのポイント

 

赤ちゃんの靴はいつから…?サイズ合わせに重要な2つのポイント
宮前ユリ

「今うちの子歩いたよ!」という感動は、親はいつまでも記憶に残りますよね。初めて一人で歩けるようになると、早くお外を歩かせたくなるのが親心。でもその前に初めての「靴」を用意しなければいけません。「赤ちゃんの靴のサイズって何センチ…?」と悩んでしまいますよね。

タケル先生

赤ちゃんが歩けるようになると靴を用意する時期ですね。目安としては10歩以上ひとりで歩けるぐらいになったら考える必要があります。いつから外で歩かせるかは季節などでも変わってきますが、その月齢になれば外歩きデビューも近いので、靴を用意しておくのがおすすめ。

そこでここでは、赤ちゃんの初めての靴のサイズ合わせを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

記念すべきファーストシューズ

赤ちゃんが1歳を迎えるころになると、初めての靴を用意してあげる最適な時期です。でも初めての赤ちゃん・初めての靴選びだと、いきなりお店に行っても決めれないまま帰宅することになってしまいます。

ヨーロッパではファーストシューズは記念にとっておく習慣があるほど重要なもの。できれば赤ちゃんにサイズも履き心地もピッタリな靴を選んであげたいものですよね。

そこでサイズ選びの注意点を2つ紹介します。

  1. 赤ちゃんの足はムクムクしてる
  2. 赤ちゃんの足は土踏まずがない

赤ちゃんの足はムクムクしてる

赤ちゃんの足を見てもらうと一目瞭然ですが、大人と違ってとてもムクムクしています。大人の足は脂肪がほとんどないですが、赤ちゃんの足には脂肪がいっぱいついています。

これはどの赤ちゃんでも同じ。ではそれを踏まえて何を注意すればいいのかというと、靴のサイズ確認するときは必ず「歩かせる」または「立たせる」ことが大事です。

赤ちゃんの足は脂肪が多いので、立たせて体重がかかると脂肪が横に広がりサイズ感が変わってきます。前後にはあまり変わらないですが、幅が思いのほか変わります。

柔らかいボールを押すと横に広がるのと同じです。初めての靴選びの時はまだ上手に歩けないので、ほとんどの場合座らせた状態で履かせてみてチェックすると思います。

その状態で幅がピッタリだと、立った時は少しきつくなります。長さは多少ゆとりをもって選ぶ場合が多いですが、幅はピッタリサイズを選びがちなので、そういう意味でも要注意です。

赤ちゃんの足は土踏まずがない

赤ちゃんは土踏まずがなく、成長とともに形成されていきます。土踏まずはその形状からも想像できるように、アーチ型のバネの役目を果たし正しい歩き方の基本となるもの。

でも最近では偏平足の子供が多いようです。その原因の一つに靴選びがあります。土踏まずをしっかり形成していくのに大事なことは「足指をどれだけ使うか」ということです。

でもファッション性ばかり気にした靴を選んだり、もちろん昔より歩かないようになったことも大きく関係しているでしょう。また機能性が向上するのはいいのですが、靴の機能が土踏まずの成長を遅らせることも考えられます。

最も土踏まずの形成にいいのは裸足で歩くこと。でも外を裸足で歩くことはできません。なので靴選びでは「足指の先に5mmぐらい余裕をもたせること」が大切。足指を自由に動かすには最低5mmぐらいは必要です。

反対に大きすぎる靴は脱げて転んでしまう危険があるので、初めての靴はできればピッタリサイズを用意してあげたいものです。

賢い靴の選び方

特に初めての靴を考えた場合、赤ちゃんが痛いとかキツイということを言う事が出来ないので神経質になってしまいますよね。選ぶときのポイントは次の5つです。

  1. ピッタリとフィットしたサイズ
  2. 転びにくい工夫がされている靴
  3. 弾力性に富んだ靴
  4. 通気性のいい靴
  5. 履かせやすい靴

ピッタリとフィットしたサイズ

赤ちゃんの足はすぐに大きくなり、靴は服以上に買い替えるかもしれません。経済的なことも関係しますが、できればファーストシューズはピッタリなサイズの物を用意したいところです。

大きめを用意したい気持ちは分かりますが、まだまだ歩くことすらままならないので、大きい靴だとなおさら上手に歩くことができません。

かかとをピッタリ合わせてつま先は5mmぐらい空いてるサイズ。幅は立たせた時にピッタリになるようにし、簡単に脱げなさそうかもチェックします。

転びにくい工夫がされている靴

赤ちゃんの靴の中には、転びにくくするために底やつま先が丸くカットされているものがあります。角ばっているとそれだけ引っかかりやすくなり、地面のデコボコの影響を受けます。

外は今までのフローリングや絨毯のように、平らな部分ばかりではありません。初めからあまり転んでケガをしてしまうと歩くのがキライになってしまいます。

弾力性に富んだ靴

赤ちゃんの靴はファッション性は二の次です。靴底はもちろん甲や足首のあたりも弾力性のある素材の靴を選びます。筋力の弱い赤ちゃんに、曲がらない固い素材は向いていません。

靴底も「足なり」に曲がるような弾力性のある靴が最適です。

通気性のいい靴

季節に左右されますが、特に夏場はムレに気を付ける必要があります。赤ちゃんは新陳代謝が良く汗をかきやすいので、抗菌・防臭作用の高いものがおすすめ。

また洗いやすそうな靴・乾燥させやすいメッシュ素材の靴も清潔を保ちやすくおすすめです。

履かせやすい靴

赤ちゃんは自分で靴を履くことができません。なのでママが履かせやすい靴選びも大事なポイント。履き口が狭いほど履かせにくいので、口が広くで「ベロ」がワンタッチでとめれる靴がおすすめです。

まとめ

タケル先生

赤ちゃんの靴は大きめを買っていくのが基本かもしれませんが、初めての靴に関しては「ピッタリ」の靴を用意してあげましょう。せっかくいい靴を用意しても歩かなければ意味ありません。

最初は「歩く楽しさ」が分かるように、歩きやすくて脱いだり履かせたりしやすい靴を選び、いっぱいお外で遊ばせてあげることが大切です。

 - 幼児(1歳~小学校入学)

宮前ユリ

この記事が役に立ったと感じたらシェアしてくれると嬉しいです♪

PCアドセンス

PCアドセンス

  関連記事

突発性発疹で機嫌が悪い我が子…いつまで続くの?
突発性発疹で機嫌が悪い我が子…いつまで続くの?

初めての急な発熱、驚いて病院に連れて行くと「突発性発疹でしょう」という先生の診断 …

小児のインフルエンザ 解熱剤の効果的な使い方と禁忌
小児のインフルエンザ 解熱剤の効果的な使い方と禁忌

子供のインフルエンザは高熱への対応が一番難しいものですよね。インフルエンザは一気 …

うちの子「サイレントベビー」かも…と悩んでるママへ
うちの子「サイレントベビー」かも…と悩んでるママへ

うちの子あまり泣かないし、目もなかなか合わせてくれない…。もしかしたらサイレント …

気をつけて!赤ちゃんの水分補給でやってはいけない2つの事
気をつけて!赤ちゃんの水分補給でやってはいけない2つの事

赤ちゃんは自分で「喉が渇いたよ~」と言えないので、ママが上手に水分補給をしてあげ …

子供のインフルエンザ 潜伏期間や発症時の上手な対処法
子供のインフルエンザ 潜伏期間や発症時の上手な対処法

「隣のクラスでインフルエンザが出ました」「同じクラスでインフルエンザの子がでまし …

おむつは何歳まで…?はずれる時期と上手なトイトレ
おむつは何歳まで…?はずれる時期と上手なトイトレ

「うちの子はもうおむつ外れてるわよ」「まだオムツ取れてないの…?」様々な周囲の声 …

ドキッ!赤ちゃんが奇声をあげる5つの理由
ドキッ!赤ちゃんが奇声をあげる5つの理由

いきなり「ギャー!」「グワー!」っと奇声を発する我が子。何事が起きたかとビックリ …

赤ちゃんの視力の発達はいつから…?7つの時期に分けて考えてみた
赤ちゃんの視力の発達はいつから…?7つの時期に分けて考えてみた

赤ちゃんは私の顔を認識しているのだろうかと疑問に思ったことはありませんか?乳幼児 …

即効解決!幼児が「ご飯を食べない」理由と6つの解決法
即効解決!幼児が「ご飯を食べない」理由と6つの解決法

「うちの子いつもご飯をきちんと食べないで残してばかり…」という悩みはないでしょう …

突発性発疹の時の「お風呂マニュアル」
突発性発疹の時の「お風呂マニュアル」

人生で初めての高熱の可能性が高い「突発性発疹」。ママも慌てて病院に連れていったり …